<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


2011.07.18 Monday  スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- . -



2009.11.08 Sunday  卒業の旅

10/22












10/23










10/24








10/25










10/26








10/27






10/28








10/29






10/30








10/31








11/01






11/02
















約2週間ほど旅に行ってまいりました
半分はモスクワ空港で一晩過ごしたジョンとまわり
半分はひとりでした
今しか行けない
絶対みたい建築をひたすらにまわりました
自分は特に大きなハプニングもなく
逆にそれはそれでおもしろくないけど
快適な旅でした
書きたいことはたくさんありますが
修士設計が待ち構えてますので
この辺で


理科大に自分のブースができました
みなさん暇つぶしに模型つくりに来ませんか?
どうにかして自分を卒業へと導いてください
連絡お待ちしてます
切実です




2009.08.23 Sunday  荒野と

90731~090812

行ってまいりました
時系列でかくと長すぎるので
写真をピックアップしました
ほんとたくさん建築ばっか見ました




seattle central library (OMA)

一発目がこれ
完全にしてやられました
レムってやばいね





Capel of St.Ignatius (Steven Holl)

外観を見ると中は仕切られているのかなって思うけど
ワンルーム
そうやって面をつくって
様々な光の度合いをつくる
インテリアがちょっと空間にあってなくて残念





seaside

シアトルは結構急な坂があって
グリッド状の街区から海が垣間見える
ホント気持ちのいい街です
住みたいなと思わせるゆったり感があります





Bellevue Art Museum (Steve Holl)






red sky

下のアアルトの図書館あたりからの夕日
まわりはほんと何にもなくて
しかも図書館も開いてなかったので
車泊
でもこういうところだからこそ
アアルトっぽさが出ててすごいよかった




Mt. Angel Abbey Library (Alvar Aalto)

写真じゃ伝わりきらないけどすごく良かった
鉄骨とかもむき出しにするんじゃなくて
木で挟んだりしてやわらかさをつくりだしていた
本棚とかも同じで
既製品に少し手を加えてて
アアルトの空間ができてた




wasteland

ラスベガスからグランドキャニオンへ向かうところ
ほんとに何にもない道がひたすらにつづく
まさにアメリカスケール
でも少しずつ風景が変わっていくのがおもしろいし
でかすぎて
雲の影の全体が見えたり
山も端から端まで見えちゃったりする




Grand Canyon 

ダブルです
半端なかったです
でかすぎる自然にただただ感動
ほんとデジ一買って正解




sunset






sunrise






winding road

結局ロデンクレーターは見れず
まあできてないからわかってたことだったけど
頑張っていこうとしたら
カーナビにものってない砂利道を爆走
ほんとどきどきでした




Arcosanti (Paolo Soleri)






Taliesin West (Frank Lloyd Wright)






Chula Vista Public Library (Ricardo Legorreta)













Walt Disney Concert Hall (Frank Gehry)






green way

ここゲーリィのホールの裏なんです
すごい気持ちいい裏庭でした




The Cathedral of Our Lady of Angels (Rafael Moneo)






Eames House (Charles & Ray Eames)

中には入れないんだけどみれる
海を取り込もうとすればできるのに
あえて山の斜面に位置してる
森に囲まれてて木々との距離感も良かった
ミニトラスもなかなかかわいいもんです
当時の生活感が残ってて
目に焼き付けた




Salk Institute (Louis I Kahn)

ひとつの中庭っているのがこうも力をもつものなのかと
それをつくりだす建築の強さ






1200枚ほど写真をとったのでほんの一部だけど
これらをつなぐのはただただ何もない道でした
ずっと車でなかなか大変だったけどほんとに充実してた
詳しい話はいつでも聞いてください
次はヨーロッパいくぞい




2008.10.14 Tuesday  自然にのる人

 先に進まなくなりそうなので一気に




9/20

大阪から夜行で広島へ
学会に参加していた宮城大の方々と合流






厳島神社




以前に一度きたことあったな
海水が満ちてきてる状態だったから鳥居までいけず
ぼんやりとした赤みが異次元的な奥行きをもってる
ようにもみえる









世界平和記念聖堂


職人の手で一つ一つ積み上がってできた聖堂
このコンペや村野さんの姿勢を説明していただいた
日本的な要素を取り入れつつも時代にとらわれない
普遍的な質があるように思える
分厚いアーチも印象的
これだけ厚くても重苦しくはない、アーチ






平和記念公園


寸胴な雲をとりたかっただけ
疲労がピークで中は人だらけだったので寝てました
そいやここに帽子忘れてきちゃった
電話せんとな
うれしいのか悲しいのかわからないけど
公園では全然うまくもない歌を歌ってる人がいて
残念でした






brood


日が出てるうちに見るべきだったな~
立体的だし機能的にも解けてるらしいんだけど
いまいちピンと来ず
なんか時間がとまってるというか



その後浮き箱の家ってところでみんなでお食事
カップルしかいない
でもあの夜景は必見
意図ミエミエな建築だけど
それはそれでいいのか



9/21






APPROPRIATE PROPOTION


一気に飛びます
広島を発ち岡山から直島へ
でも写真はほとんどありません
とれないから



地中美術館
完全統御の空間
美術館だからできるんだと思うけど
人が存在しなくてもいいような
でもそれは逆にもっとうまいことできるのでは
という贅沢さにつながるような
美の空間

モネの彩度が落ちたアプローチが良かった
世界が完結してる
タレルも儀式みたいなアート体験で
できることなら貸し切って一人でみたい




上の写真は杉本さんの家プロジェクトの作品
前から気になる存在だったので楽しみでした
あの階段を登れるものだと思ってたんだけどね
でも触れられないのが逆によかったのかも









直島は家の一軒一軒がきれいなんだね
つくられてるように感じるくらい
ソツセイの網地島とは大違い
これは佇まいがグガルン邸っぽい






海の駅 なおしま


急ぎだったのでじっくり見れなかったけど
ずーっと半外部な感覚の空間






今日一の夕日




9/22






美観地区


倉敷ってきくと工業地帯ってイメージだったけど
そんな場所だけでは決してない
まあ夜はものすごく暗いけども






丸亀市猪熊玄一郎現代美術館・図書館


駅に隣接する美術館と図書館
このロケーションがなかなかないね
これも半外部的な空間がずるずる入り込んで
逆にそれは内から外へ開いてるという解釈もできる
谷口さんにしては大胆な案にも感じたけど
こういうのが駅のすぐ近くにあるのはうれしいなあ






香川県庁舎


日本的な意匠のために躯体を細かく分節している
そのせいかはわからんけど
そとからみるのとうちからたいけんするスケールに
誤差があるような錯覚に陥る
池の青みがかったいろがきれい






今日一の夕日②




9/23














精錬所(跡)


五感を研ぎ澄まさずにはいられなくなる
さまざまな温度の風が流れてるなんて説明されちゃうとね
三分一さんの建築は写真にのっけられないけど
精錬所跡の雰囲気がいいんです
時間がとまっててこれからもさびれていくだけっていうような

それよりも感動したのが最後の写真
たぶんみえないけど
奥の岩の上に人が座って本読んでるんです
なんか直感的にこんな建築がいいなーと思ってしまった
なんというか建築じゃないけど
人とモノの関係が

ちょっとこれは書けん
もうちょっと考えます




それで岡山駅にて宮城大の方々とお別れ
とてもお世話になりました
かわいい後輩たちはこれからも頑張ってくれると思います




次の日に沖縄へ向かうため高松へ移動
久々に一人晩酌
ホルモンおいしかったー
うどんもたべたし
でもこれが今の生活苦の原因です




9/24








下が海なはずなのに青い
境目も上下もなく
ただ青い






万座毛


親友に迎えに来てもらいさっそく観光
沖縄はそんなんでいいんです
万人が座りたくなるとかそんな意味ですね
自然と時間の力




夜は泡盛を初体験
一杯目がよかった
水みたいで
全然こないなとおもって
二杯目
とおもってたらきたみたいで
久々にでました
ちゃんとトイレでね




9/25






古宇利島あたり




通称:ゴリチョ







親友は沖縄4年目なのでいろいろ知ってます
コースはおまかせ
時間帯や風によって海の色も変わるし
その辺も考慮しつつ案内してくれました

うみはただただきれいとしかいいようがない
時間によってすごい表情が移り変わる

シュノーケルとフィンつかってもぐりました!
ゴリチョってとこで
なんでゴリチョだかはわかるよね?
外から見るうみもいいけど中にはいらないとね
ほんと異世界で気持ち悪かった
というのは波でだけど
いろんな方向から波が来るので
泳ぎながら酔っちゃうんです
でもそれを超えて珊瑚とかきれい
光が砂浜に当たるだけでも
いろんな色の熱帯魚








勝連城跡


ここもすごい気持ち良かった
高い場所にあって360度パノラマ
首里城いくより絶対ここ




9/25




今日はバイクを借りてひとりでドライブ
焼けたけどものすごく爽快でした
こんど来るときはマイバイク持参やな












平和祈念公園が印象に残った
石碑に戦争で亡くなった人々の名前が刻まれてる
その物量に圧倒される
名前があるだけだけど
それ以上を物語ってるからね
沖縄って哀愁漂うね




そんなこんなで翌日東京(千葉)にもどりました
あーつかれた
書くの
でもこれで完結です
ほかにもたくさん見たけど
全体を通して
遺跡ばっかり
まぶしい写真ばかり


次はズントーツアー目指します
モチベ高いぜ
そいや来日でテレビにでてたな
明後日楽しみー




2008.10.09 Thursday  3つと憧れ 

 最近のやつらはとてもいい

と思う


GIFT

HANABI

花の匂い


なんか前より聞けば聞くほど救われる

ずっと桜井さんのつくる唄の景色・世界に憧れてる

今も


それでいてまだ成長し続けてる

自分もそこまで辿りつけるか

辿りつきたいっていう気持ちを喚起させられる

わかりやすい言葉と音

まだ深みがでてきそう









今週は藤村さんのレクチャ

BUILDING K も実際にみたし
ソツセイのジュリーとかでも何かと縁のあるお方
3年生くらいの時に出会ってたら確実にはまったな
ちなみにブログはBBSとかから発展して個人まで還元されてしまって
自分の意見しか書かないから議論に発展しづらい
ってさ

今書いてるけどまあただのアウトプットですが
だからこれをみたらなんでもいいから議論のネタでもふっていってください









あ、というわけで大阪いきました




9/18 19





光の教会

安藤さんは間違いなくこれが一番だなと思う
思わず白黒で写真撮りたくなるような光の射し込み方
この操作だけで空間全体がハリをもっているんだけどその中に
おおらかな雰囲気もある
光を見てるとふわっとした気持ちになる
でも天気が大雨でびしょれになってやっと辿り着いたらあと10分で終わりっていう

ものすごい余談ですがズントーさんのチャペルは設計料もらってないっていう
ほんと神ですわ




大山崎山荘美術館

光の教会の方に紹介してもらって急遽いくことに
美術館よりも山荘がよかったな
ここは安藤さん抜きでなかなかおすすめ
日本の山の中に佇む洋館のたちふるまいもあじがある





ヨドコウ迎賓館

残念なことにこの日は閉館日
軽く泣きました
覗いてる風な写真です



宝塚カトリック教会

内覧時間過ぎてたけど快く迎えてくれて説明もしてくれた
感謝です!
村野さんは鯨のしっぽって書いてたけど亀にも見えてしまう
でもやっぱ今はこういう不思議な魅力のある造形の持つ可能性を信じつつある
というかかけたいんです
中も波打つ天井や三角錐の吹き抜けが力強い
雨どいだってすごい大きい
それでいて線路沿いにあるっていう
興味深いね


白い教会

リングが構造になっているやつやね
でもこの面以外は割とシンプル
ホテルのチャペルだけどホテルとの相性がいいんじゃないかなと
アトリエ×大手的な
どっちつかずだけども
空気を震わせてるのはやっぱりこっちだよなー



主な作品しか写真のせてないや
時系列的に

18
梅田スカイビル
梅田換気塔
ピースおおさか
道頓堀?

19
光の教会
大山崎山荘美術館
ヨドコウ迎賓館
ゼンカイハウス
宝塚劇場?
宝塚カトリック教会
白い教会
道頓堀?

18は京都での疲労がたまりほぼ安息日に
19は相当気合い入れたなー





次回は「宮城大の人たちと合流!@ひろしま」の巻です




締めの言葉

京都駅にはトイレットペーパーがない



ちょっと遅かったけどこれだけは言いたかったの
ほんと
「まじで?」
と声に出してしまったと思います
この年になってこんな辱めを受けるとはね




明日もバイトやー
10月に入り
30時間労働を体験し
すでに給料今週で8万くらいになります
絶対ズントーツアーにいくんだい
最近やたらハングリーです




2008.10.01 Wednesday  キョウト三日

15日

出発
東京からバスに揺られ松枯れがすごい山々をみつつ京都着



京都駅


いわずもがな京都駅
カップル多し
イチャイチャ多し

そしてN氏と合流して飲みに行きました
ちなみに全13日間の旅ですが飲みは毎晩欠かしません



TIME'S 鵯&鵺


想像していたよりもはるかに京都になじんでるんです
夜の京都もたまんなく素敵や
川の効果は間違いない

そんな感じで一日目終わり




16日


京都駅でチャリを借りて爆走
ちょーきもちいいす



三十三間堂


千手観音もさることながら周りの庭的な部分もなかなか



eifish


鴨川沿いにチャリを走らせるとおしゃれなカフェが
川との距離が近くて窓全開
風が気持ちいいし
料理もなかなか
豆とおくらのカレー
京都に住んでたら通うな

その後清水寺へ向かい坂をのぼり満足して中には入らず
坂道下るの気持ちいいね



祇園閣


期間限定で公開してました
ラッキー
ラッキーって文字にするとポケモン思い出す

これの施主は銅閣をつくりたかったらしく
ところどころに銅が使われてます
てっぺんに鶴がいるね
建物の中に描かれてる絵が良かった







南禅寺のあれやこれや


N氏やバイト先の先輩おすすめの南禅寺
見どころが多いね
庭園ふたつあるし
水を運ぶアーチがあったりと
なんか不思議にそれらが相まってる空間
ちなみに京都は庭園めぐりですね基本





銀閣


残念なことに修理中でした
砂のプリン
こんなんあったんだとやはり修学旅行で
何を見てたんだろうかとちょっと反省
なんか庭園ってときどき小さいものが
ものすごく大きく岩のように見えたりする
その瞬間を見つけれるときが楽しい

その後帰りがてら前川國男やら吉村順三のホテルやら
細見美術館なんかをみた
すげーハード
そんでチャリ返却して一人飲み屋へ
サンマがおいしかった




17日



陶板名画の庭


京都最終日
朝早かったせいかなかなか広い空間を一人占め
まあだからといってなんとも言い難いような
もったいないような
この辺に住んでる人は間違いなくこない
というかリピーターはまずいないな



京都コンサートホール


磯崎さんですな
何気に磯崎さんみるの初かも
プランとうねうねの関係が中を詳しくみれなくて不明

その後北山を歩く
高松伸の影響なのか奇抜な建物がちらほら
シーラカンスの北山コンドミアムもみた








大徳寺


ここは名所かも
重森三玲さんの庭園を見たいな~と思ってたので
でもみれないところがたくさんあるのが残念
事前にしっかりチェックですな
みどりに包まれる感覚はホント涼しげ





京都国際会館


これはぶっ飛んでます
一番でかい会議場の天井まじかっけぇ
もはや宇宙船ですこれは
たまたま電話したら今日見学日だった
コンタクト大事

京都最後の夜は豆腐のある飲み屋へ
ひとりでカウンターだったから店員さんがたくさん話しかけてくれた
豆腐、湯葉、めずらしい蕎麦もいただいちゃいました


京都おわりー
最後まで書ける気がしません
誤字が多いかもすみません




/ 1 / 1 /

Profile

Category

Archives

admin