<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


2011.07.18 Monday  スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- . -



2007.10.12 Friday  二項対立論

DSC01539.JPG

お久しぶりです。

たとえサイバースペースであってもたまに更新しないと存在が危ぶまれるので書きます。

最近はコンペやら卒制やらコンペやらでとうとうMYU生活最後の忙しさの波が押し寄せてきてマス。コンペで省エネとか取り上げて色んなこと考えてるせいか最近はひたすら地球に感謝する毎日です。そして賞金欲しさに頑張る毎日です。新生活を始めるためにも。でもお金って何だろね?もってると偉いんだろうか?例えばゴミとかをたくさん捨てても構わなくなってしまうんだろうか。なんだか世界の構造が理解しがたいことがあるのだが、そういう大きなことを小さな一部分をシフトすることで全体に浸透し広がりを持った変化を起こすことができるのではないだろうか?最近はあまり欲がないせいかなかなかカタチにならないことが多いけどまあそんなことを考えています。日産じゃないけど、何かを少しでもシフトすることで全体が大きく変わるのではないかな。そのためには、日常におけるいろんなことに意識的であることが必要なんだね。ふとした瞬間が、ものすごく大事。

続きを読む >>




2007.05.02 Wednesday  1400

1400km

約三日間で移動した距離です。しかも、車で。笑

いけるところまで行ったような気がします。車で。

やはり、旅の始まりは夜中。新潟までいって寝て、夕方に起きて目的地の長野に午前一時に到着。丸一日移動。文章で書くととても短いけど。これでも450キロ近いよ。




長野県信濃美術館・東山魁夷館  設計 谷口吉生 

なんというか、良い緊張感が張り詰めている。無駄なものが無い。




ボリュームの配置が心地よい。




中から見た写真。ガラスの映り込みが重なり合う。あ、ちなみにちゃんと撮影許可はいただいてますよ。あしからず。




善光寺 

美術館の近くには多くの寺院が。重厚感がある。おみくじひいたら、小吉でした。年の初めとおんなじだったな。

長野は、盆地になっていて、どこからでも山を見ることができる。

ここから長野へ別れを告げ、高速で松本へ。1300円で安くいけたもんでして。基本はお金節約で高速は使わないけども。




まつもと市民芸術館  設計 伊藤豊雄

巨匠の作品。ちいさな泡のような開口が狭小な敷地における大きなスケール感を和らげていたような印象。




エントランスから。伊藤氏の謳う、区切りの無い流動的な空間、をフォルムからも空気からも感じられる。ホールの中が見れなくて残念でした。




屋上庭園もあります。天気が良くて緑が映える。ここからリハーサル室が見えたりして。ほんとにうまいプランだ。




松本市美術館  設計 宮本忠長

中庭を囲むようにボリュームを配置、そのボリュームも黒く閉ざされたものと半透明のガラスに覆われたもので対比的。二本セットの丸柱で軽快さをだしている。




この場にそぐわぬものが・・・対比的なインスタレーション??




中には日陰が出来て気持ちいい空間です。ここでお昼ご飯を。松本は、街並みもきれいだし、水や緑が多い。この二つにも水が使われていてすずしげでした。

ここからまた日本海へ北上。色んな湖に遭遇したり、白馬村なんかを通過したりしました。今回の旅はひたすら国道八号線です。日本海にそって。なんとか21時くらいに金沢近くまで行き二日目終了。このときで大体800キロくらいでしょうか。




金沢21世紀美術館  設計 SANAA

まあ金沢にきたらとりあえずこれでしょうか。人で賑わっていて、それが外に染み出てきて、ほんとに公園のような美術館。人が歩いているのをガラス越しにみるのも楽しい。




単純な幾何学でここまでできるのはすごいね。ガラスの反射率の調節がいい。でも、やっぱりガラスにぶつかってる人がいたね。笑




グリコ?これ、結構遠くからでも見えるんですよ。車で信号待ちしてるときにも見えた。




外人なんかも結構いた。みんなイスに座ってるだけなのに楽しそうでした。なんでだろう?これがSANAAのちからか。




金沢市立玉川図書館  設計 谷口吉郎 谷口吉生

お次は図書館へ。親子の共作らしいです。




うひょー。飽




最後はひがし茶屋街というところへ。まさに軒を連ねております。人間的なスケール感。





店の中庭。なんか中庭って素敵だ。多分暗いところに差し込む光が緑やあたりの空間を演出するからだな。ガラスへの移りこみも。




めっちゃちっさいトイレ。最初は洗面かと思いました。

金沢は歴史と現代性が混ざり合う都市でした。駅も新しいけど、そこから少しはなれたところに茶屋街があったりする。そこを車が通ってるから、ものすごく不自然に感じるところもあるけれど。デザイン的にもレベルは高めで楽しめる場所だね。もうちょっといたかったけど、そろそろ帰宅。




八号線から雪山へ別れを告げ・・・帰りはノンストップ。。止まったのはご飯一回、給油二回のみ。高速なし。11時間ほどかかりましたね。頭がおかしくなりそうでした。

こうして、1400キロ走りに走りました。そして来週の火曜に東京行きます。誰か飲める人いないかなぁ?そのあとは姉のいる群馬でまたいろいろ見ようかと思います。家にいると何もやる気が起こらないですね。




2007.04.18 Wednesday  あの時は、ただ楽になりたかったんだ

非常に寒いです。茂庭台。

最近、学校に来ても落ち着きません。早く場所を確定したいんだけど・・・でも今日土岐さんにばっちり言われたんだけどやっぱ石膏デッサンで使うようですね、あの部屋。仕方ないから引きこもるしかなさそうです。

今日はちょっくら卒論関係の調べ物でスイスの単位について調べてました。つか図面のスケールと単位が知りたかっただけなんだけど余計なものが出てくるね。


hanage


??


はなげ・・・?


これ、国際標準化の単位らしいです。この名前からしてつくったのは日本人。。
センスねーもうちょっとなんかないのこれ?
よーく文章を読んでみると・・・まず、これは「痛さ」の単位らしい。本来、痛みというものは個人差が大きく、同じ刺激でも主観によって感じ方が異なるため、客観的に数値で表すことは不可能であると考えられていた。しかし、その日本の教授は、鼻の粘膜は、人体の中で一番個人差が小さいことに注目し研究を続け、1cmの鼻毛を1Nの力で引っ張るときに生じる痛みを、1hanageと定義できることを発見し、学会の単位として承認されたらしい。ちなみに、その人によると、足の小指を角にぶつけたときの痛みは2〜3K hanageで、お産のときの痛みは2.5〜3.2M hanageになるそうです。これまで、痛みについてはその程度を示す明確な数値がなかったため、「子どもを産んだときはすごく痛かったわ」「痔の手術の後の抜糸は痛いなんてもんじゃない」「ムチがいいか、ロウソクがいいかと問われれば私は迷わずムチを選ぶ」といった論争が起こっていた「ハナゲ」の採用で、これらの無意味な論争にも決着がつくとみられる。らしい。暇なのか?この人たちは。

さらに・・・

続きを読む >>




2007.03.24 Saturday  sping roll

RADWIMPSのライブにいってきました!zeppにて。

結構時間ギリギリでいったらもうすでに人であふれてましたね。そんで番号順らしくて自分のチケットの番号見てみたらなんと56,57番だったのにびっくり。すっごい最初のほうに入ってTシャツやらタオルやら買ってから会場入りしたのにもかかわらず、前から2番目!マジでこんなに近いの初めてで始まる前はキンチョーでしたぉ。
若い人、タメとか少し下くらいの女の子が圧倒的に多かった。みんなちっちゃいから楽勝で見れた。
もう始まったら、風邪など忘れて跳びはねまくりでした。やっぱ歳が近いせいかすごい親近感湧く人たちだった。そしてやはり近い。手を伸ばせば届きそうだった。
個人的には「なんちゃって」、「有心論」、「最大公約数」なんかがサイコーでした。これから彼らがどうなっていくのかが非常に楽しみになった。同じ年代であんな大きな舞台に立っている、それほどのものをもっている凄みはどこまで増していくのか。

最終的にものすごい量の汗と、酸欠に見舞われた。また風邪ひきそうです。




2006.12.09 Saturday  affordance

昨日は深澤直人さんの講演会に参加してきました。
前日バイト終わり後に課題をやっていたのでおねむでしたが。

とても刺激的な内容でした。アイデアっていうのは天から降ってくるのではなくて、もっと身近な部分を観察することで生まれるものだと思ったわけです。注意するのは環境のリアリティ、意識の中心。ホントたとえ話がわかりやすくて脳の感覚の一部を広げてくれるような講演会でした。




2006.11.20 Monday  planetarium

昨日、一昨日はしし座流星群を見ることができる日でした。
バイト後、久々に家の周りを歩いてうろうろ。15分くらいで三つ流れ星を発見。やっぱ山はすばらしいね。そして何より、天然のプラネタリウムはサイコーだ。
流れ星が消える前に3回も願い事を唱えるのは難しいけど、見れただけでもラッキーだし、願うことで希望が生まれるような気がする。




2006.11.05 Sunday  つながり

20061105_213512.jpg

最近ふと思うのがテレビなんかを見ているときにその上に座っているこいつをみると不思議な気分になる。だって違う生き物なんだから。でも飼い主と似るっていうように行動が似てんだよな。不思議だ。




2006.05.14 Sunday  alternative

最近は小さな発見が多い。
それをできるだけ見逃さないように少しずつだけど理解していく。
もう直感的な理解だけじゃうまくいかんね。
しっかり勉強して論理的に覚えていくことが大事。
小さな遠い目標を掲げ、小さなものを積み上げていくのが、今。

ふと気付いたときに、小さく積み上がったもので壁を越せればいい。





地図張り合わせたよー。明日データ渡しますので割り振りましょ。
他に欲しい人いないのかなぁ?まだ今なら間に合います!!
提出前に困っても知らんぞ〜。
というのは建前で一人当たりのタスクが多いんであと何人かやってくれると助かります。




2006.05.09 Tuesday  ばつん

1.回す人を6人最初に。
 
キャラ的におぎやはぎのおぎの方
ジョン川平
だいち
今眠い人


2.お名前は?

たかし


3.おいくつですか?
 
にじゅっさい


4.ご職業は?
 
大学生

5.ご趣味は?

テニス、音楽を聴く、車の中で熱唱する、うっかり、ブルーベリー 、バラエテーパック

6.好きな異性のタイプ


自分にプレッシャーをかけてくれる子

自分にだけみせてくれる笑顔を持つ子

多分好きになった子が好きです。

7.特技は?

テニス、しゃべらない、リバース


8.資格何か持ってますか?

資格はわらじみたいなもんなんで必要だったらとります。


9.悩みが何かありますか?
 
高校生のときの気合を取り戻したい。

将来奥さんと子どもを養っていけるか。


10.お好きな食べ物とお嫌いな食べ物は?
 
好きな食べもの→お肉、スープカリー、お肉     
嫌いな食べ物→せろり

11.貴女が愛する人へ一言
 
おれの可能性にかけて下さい。

12.このバトンを回してきた人って?

ゆみちゃん


13.回す人6人を指名すると同時に、その人の他者紹介を簡単にお願いします。

キャラ的におぎやはぎのおぎの方→とりあえずめがね
ジョン川平→川平はいらない
だいち→学校でよく会う音楽好き
今眠い人→おれ

課題の休憩がてらね




2006.04.25 Tuesday  field

チェルノブイリの事故から20年経ったらしい。
ちょうど自分が生まれたころだ。

この事故のことを勉強したときなんかは被害にあった人は大変なんだなとしか思わなかったような気がする。でも本当にそこで終わっていいのだろうか。
確かに自分ひとりではどうにもならない問題だし、いまさらどうすることもできない。しかも日本だって原発施設がある。危険だけど供給率が大きいから便利だと思うだけでこのシステムに疑問を持たないほうが罪なんじゃないかなと思った。責任は管理者にあるんじゃない。今は起きたことを受け止めて疑問を持つことが大切。何に対しても。こういう問題は答えを出すことだけが大事なこととは限らないね。




/ 1 / 2 / >>

Profile

Category

Archives

admin